ダイヤの鑑定書という言葉はよく耳にするけれど、実際にじっくりと見たことがない、どんなことが書いてあるのか知らないという人は意外と多いです。

ダイヤの鑑定書には、どんなことが書かれてあるのかを知っておきましょう。

《鑑定書に書かれていること》

鑑定書は、グレーディングレポートとも言います。

ダイヤの品質を4Cで分析して表示し、冊子にしてあるものです。

ダイヤの品質は4Cであらわされるのですが、それが一つずつ書かれています。

カットならどんなタイプのカットか、寸法(石の大きさ)、カラット(重量)、カラーの等級、クラリティの等級、カットの等級、蛍光性の有無などが書かれています。

《これで何がわかるの?》

ダイヤは4Cで品質が決まると言われています。

鑑定書は4Cのグレードがきちんと評価されていますので、手持ちのダイヤはどれくらいの品質であるかがわかります。

4Cそれぞれの評価を見れば、そのダイヤの品質が良いものなのかあまり良くないものなのかがわかるようになっています。

《ダイヤ選びに役立つ》

手持ちのダイヤの鑑定書であればそのダイヤの品質をあらわしただけなのでどうにもできないですが、これからダイヤを購入しようという場合は、鑑定書を見せてもらって判断することができます。

婚約指輪などを買う場合は品質が大事ですから、少しでも良いものをと思うものです。

初心者はカラット数が大きいものが良いものと思いがちですが、実はカットを優先して選ぶべきなのです。

鑑定書では、カットの等級が良いもの、そして次にカラット、カラー、クラリティの順位で見ていくと良いダイヤに巡り合えます。

関連記事:http://wedding.mynavi.jp/ring/contents/column/propose/2015/07/entry_40916/

記事RANKING

MENU