ダイヤモンドの鑑定書をじっくりと見たことはありますか。

鑑定書をもらっただけで、何も見ていないという人は多いのではないでしょうか。

鑑定書はある程度の大きさのダイヤでないと発行されないため誰もが持っているわけではありませんが、婚約指輪でもらう機会があるかと思います。

鑑定書の見方を知っておくと、このダイヤはどんな評価をされているかがわかりますよ。

《ダイヤの4Cに注目》

鑑定書には、ダイヤの品質を評価する4Cが記載されています。

4Cというのは、カット、カラット、カラー、クラリティの4つで、それぞれのグレードが記載されています。

カットの場合、最高評価はエクセレントで、一番下がプアまであります。

カラットはダイヤの重量をあらわし、1カラットは0.2gになります。

カラーはダイヤの色のことで、無色透明ほど価値があります。

最高ランクがDからアルファベット順で、D、E、Fあたりまでがおすすめです。

一番下がZになります。

クラリティは透明度をあらわし、内包物(インクルージョン)や傷の有無が記載されています。

最高ランクがFLで11段階に分かれていて、VVS2までのランクのものが良いものとされています。

《4C以外に書かれているもの》

ダイヤの4C以外に書かれているものは、ダイヤモンドの寸法やプロポーション、蛍光性(紫外線の下でダイヤが放つ色調や蛍光の強さ、プロット、レポート番号などです。

ここにあるプロットというのは、クラリティに関係するもので、内包物が図式であらわされているものを言います。

ダイヤの傷の位置や傷のできた状況によって色分けされています。

《鑑定書をチェックしてみよう》

自分が持っているダイヤの鑑定書をじっくり見てみると、そのダイヤの品質が良くわかります。

今手元にある鑑定書を見直してみてはいかがでしょう。

記事RANKING

MENU