ダイヤは鑑定書を見れば品質がわかります。

鑑定書にはダイヤの重さや色、傷の有無、内包物の有無、カットの良し悪しが書かれてあるのでそれでわかるようになっているのです。

この鑑定書というのは、どの宝石にも発行されるものなのでしょうか。

《鑑定書とは》

鑑定書というのは、ダイヤの4Cという基準に基づいてダイヤモンドをランク付けしたものです。

4Cとはカラット、カット、カラー、クラリティの4つで、ダイヤモンドにしか使わないものです。

ダイヤモンドの成績表と考えれば良いでしょう。

《鑑別書とは》

通販などで販売されている宝石に、「鑑別書付き」と記載されているものがありますね。

鑑別書というのは、宝石が「何でできているか」が書かれたものです。

例えばこれは間違いなくダイヤですとか、ルビーですというような内容です。

品質まで記載されたものではなく、何でできているものかというのがわかるようになっています。

《鑑定書はダイヤのみ》

鑑定書はダイヤのランク付けをするものですから、他の宝石では発行しません。

鑑定書付きのサファイアの指輪、というものは無いのです。

ダイヤ以外の宝石は、すべて鑑別書になります。

ただし、ダイヤは鑑定書、鑑別書共に発行できます。

ダイヤ以外の宝石は、鑑別書において何でできているか、どんな石なのかを確認するものです。

鑑定書はダイヤのみに発行されるということを覚えておき、鑑定と鑑別の違いをしっかり理解しておきましょう。

記事RANKING

MENU